2016年10月25日

ドラスレラボの閉鎖について、当時の関係者の皆様へ

ドラゴンスレイヤーラボラトリー――DSLが突然閉鎖してから1年が経ちました。
ラボに蓄積された資料と関連コンテンツの量と質は、オールドゲーマーや、自分のようなオールドゲームを掘り起こして新しいものを作ろうと試みる人間にとってかけがえのないものでしたが、今はほぼ失われました。
自分はおそらく唯一、DSLの遺産を受け取っており、サイトの一部のデータは手元にオフラインの状態で存在します。
それが今残っているDSLの全てです。

1年経って今、DSLが閉鎖のお知らせを公開しました。

http://www.uranus.dti.ne.jp/~sho-dsl/




事にひとつの区切りがついたところで、1年遅くなりましたが、友人であるDSL管理人・SHOさんの弁護と問題提起をしたいと思います。

好き勝手に裏事情の話を書きますが、DSL閉鎖の原因はドラスレファン同士の諍いでした。
誰が悪かったのかというのは、当時起きたことに直接関わっていなかった、リアルタイムでは知らなかった自分には言えないとは思います。
SHOさんにも(お知らせに書かれた通り)至らない点はいくつもあったでしょう。

ただそれを差し引いても、確かに言えることがあります。
誰も、古い友人の言うことに真剣に耳を傾け、原因を辿り、反目する両者をいさめ、犠牲者を出さずに終わらせるという選択肢を勝ち取ることができなかった、それどころか一方的な悪者を仕立てあげて、黙殺し、蓋を閉めることで終わらせたという、この稚拙な顛末は、今後の反省材料足り得るのではないかということです。

きっと関わった誰もが自分は悪くないと思っていることと思います。
自分は被害者で悪いのは向こうだとか、自分は関係ない人間だとか、「節度ある大人の関係」として遠くから見守っている親友だとか思うことで、距離を確保しているものと思います。
そんな中、今回、SHOさんだけは自分が悪いと認めました。

本当にSHOさんだけが悪かったのでしょうか?これは大人だから自己責任、で済ます類の話でしょうか?それは面倒くさがりの言い訳になっていないでしょうか?
古くからドラスレファンの仲間として楽しく仲良くやってきた1人の男が、なぜ嫌われ者になるような行為に走ったのか?
理由がないわけがないのです。少なくとも最初からそこに敵意があったわけがないのです。
初めは小さな齟齬だったはずのものを、それをやり過ごしては追い詰めて追い詰めて、一時的にしろ敵意に変えてしまったことは、周囲の人間の至らなさではないのでしょうか?
誰もヒアリングをせず、本音で接さず、リスクのない身内同士で意見を固め、事なかれ主義で済ませようとしたことは、この結果が示しています。
そうでなければ、もともと悪意のない人間が、少々不器用だった程度でここまで追い詰められることはなかったはずです。

当時SHOさんの考えていたことについてはSHOさん本人から全て聞いています。
しかしここでそれを書くことは、このお知らせをもって全てを清算し、前に進もうというSHOさんの意思にそぐわないものと思いますので、とりあえずやめておきます。

関わった方々の間ではSHOさんが悪いという認識が大半を占めていることと思いますので、それで終わらせて何の反省もなく過ごしてよいものかという気持ちを吐き出させてもらいました。
傲慢な言い方に聞こえるかもしれませんが、自分がその場にいれば友達をこんな風に追い詰める前に、間違いなくいくらでも手を打てます。大した手間はかからないはずです。そういう発想すらなく、躍起になってほんの少し前まで友達だった人を叩き潰した人間関係というものに、疑問が尽きません。
この「お知らせ」がただの切ない話やもう過ぎた話で終わって欲しくないと思っています。

この件はこれで終わりになり、SHOさんは綺麗さっぱり、今後ドラスレ関連の誰とも関わるつもりはなく、その必要も感じていないようですが、今後同じような事件を起こさないよう努めることはできるはずです。
自分の関わった話でいえば、SHOさん自身、他人に対して、きちんとした意思疎通を図らずに悪者に仕立てあげ、一方的に制裁を打つことで、事を済ませようとしたことがありました。
話を聞かずに悪いと決定するのは、誰もが持っている心の保護のための動きではありますが、せめてよく知る友人相手にはもう少し腰を据えた対応をしてもよいのではないでしょうか?
不誠実は恨みを買いますし、その後の信頼も失います。

自身の振る舞いが善いか悪いかは各自が結論付けることにせよ、DSLの閉鎖は他人事ではなく、自分たちがひとつの歴史を閉鎖に追いやったのだと、当時の関係者は胸に刻んで頂きたい。
以上です。
当時から彼の親友を名乗るような人間の誰もが彼の弁護をしないので、自分がさせて頂きました。









posted by 座間 at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: