2015年05月05日

長い声のメモ:ゴッドイーター2レイジバーストの話

 ゴッドイーター2レイジバーストを遊んでいる。
 ようやくレイジバースト編に入り、螺旋の樹に入るか入らないかというあたりまで来た。

 ゴッドイーター初代は最終的に、ちびちびと白アイコン(最上級)のパーツを作って揃えて眺めてニマニヤするゲームだった。
 作った後で、どのパーツとどのパーツを組み合わせるかは戦闘毎に考えればいい。白パーツをたくさん作っておけばその選択肢が増える。そういう遊びが提供されていた。

 レイジバーストでは、スキルインストールシステムの登場でそのへんが結構変わっている。変わっているというか、発展した。
 スキルインストールによって各パーツがより変則的な性能を持てるようになったので、銃身・刀身・装甲全部をひっくるめた最終的なスキル構成をあらかじめ「設計」しておいたほうが有利になっている。
 1つのパーツは1つの神機構成に特化してカスタマイズされるため、その神機構成の専用になることが多い。

 今回はパーツではなく、パーツを組み合わせた神機セッティングそのものを考案しては実現し、バリエーションを増やしていく作業が楽しい。同じパーツを2つ以上用意することもあり得るようになったとか、各パーツの+値が伸びていくのを眺めるのも楽しいだとか、より楽しみ方に幅が出ている。それも膨大に。

 ゴッドイーターはとても個人的思い入れが強いゲームで、多少飽きようがなんだろうがスマホゲームのごとくちびちび延々無限に遊んでいくスタイルをとっているので、本当に嬉しい方向性だし、装備セットを拡張していくのが楽しいという部分に集約したゲームデザインも見事だと思う。

 なおGW中にクリアできるかなと思ったがそうでもない。特典で早く獲得した要素はみな解禁されてしまい、ラスボスらしき敵の名前が普通に公式のアップデート情報に含まれてきたりするので、あまりにじっくり遊びすぎている感、ある。



posted by 座間 at 22:07| Comment(0) | 長い声のメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: