2015年04月30日

長い声のメモ:東亰ザナドゥの話

 東亰ザナドゥにイースのネタが入っているよとファルコムが発表した件について小一時間。





 ザナドゥのネタが一切入っていないのではないか、と不安になりつつある原作ザナドゥのファン、ドラゴンスレイヤーのファンを置き去りに、イースのネタが入ってますよと告知することにどれだけの効果があるのかという、そういうことも思ったりするのだけど、特に批判的なリプライもついてないから問題はないのかもしれない。

 最初自分は、ファミ通のファルコム社長インタビューとかを読んで、

「まったく新しいことをやりたいみたいだから、過去作品のネタは一切遮断するかもしれない」
「だったらザナドゥという名前を入れて傷口が閉まりつつあるファンに塩塗りたくることもあるまいに」
「いやでも完全に新しいゲームをヒットさせてこそ、それがファルコムの第二のザナドゥなんだという、それだけの話なんだろう」

 とか悶々と考えていた。
 実際、上がってくる情報にザナドゥの影は綺麗に1mmもなかったが、まあザナドゥの名は意気込みで、過去作品は完全に切り離して新しいことをやりたいんだなで納得していた。
 それでイースネタを出されると流石に面食らう。

 これはゲームのディレクターにエンターテイナーとしての自覚があんまりないのか、単に売り上げに影響しないから無視しますという話なのか、よくわからない。
 コストかけずにザナドゥファンにアピールする方法なんていくらでもあるんだけどなあ。
 このいくらでもあるんだけどなあはファルコムに面接に行った折に直接お渡ししたいと思います。

 でもうん、商業でゲームつくったことない人の言う「商業ゲームデザイナーかくあるべき!」は例外なく「部屋で寝てて下さい」と返答して終わる話ではあるんだ。この話ふくめ。






posted by 座間 at 23:52| Comment(0) | 長い声のメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: