2015年05月07日

長い声のメモ:非ノイマン型知恵の輪ゲーム

 ソロプレイ専用のアナログゲームデザインに何が必要か、というと、色々難しい。
 自分はゲームブックを作りたいと思って前々から準備は進めているものの、一回やんごとなき事情あって寝かせた。

 ソロプレイゲームデザインにあたって一番重要というか手前にくる問題は「いい大人が何やってるんだ」と思わせないことだとは考えている。
 遊ぶためのキットが豪華だったらいいんじゃないか、というのもあるし、手間をかけさせないことも大事だから、なんか結局、想像上のソロプレイゲームは複雑な仕組みで単純な出力をしてくれるプレイボードを使ったものになって、それはコンピューターゲームやないかという話に辿り着く。
 結局ボードゲームはノイマン型コンピュータじゃない、別種のコンピュータを作り出す戦いになるんじゃないかとか、よくわからん整頓されていない思いもある。

 知恵の輪は成立しているじゃないかとりあえず。あれはヒントじゃないのか?

 理想としては、もう売ろうとかそういうこと考えない発酵したノスタルジイの行く末的な願望としては、木製のプレイボード付きゲームブックを出したいと思っているけど、とりあえずはゲームブック遊んだことない人でも手にとってくれるようなカジュアル路線の新しいものを作ってみたい。
 かといって電子書籍化とは違う。あれならコンピューターゲームをやったほうが絶対いい(ゲームブック好きとかの、嗜好の問題を除けばだ)。


*小説部分とゲームシステム(パラグラフなど)部分を分離し、小説部分は小説として読み倒すことができる

*データベースとして面白いものにする

*プレイシートは作らない。コピーをとってペンで書くというのは面倒だし、ちょっと効率化を考えた人はスマホにメモるだろうから、最初からスマホのメモで可能な形で情報の記録を行う

 という構成でMSX版メタルギア2作のゲームブック、ゴッドイーターのゲームブックを作ろうと思っていて、それなりに進んでいるんだけど、今はラブザナ作るので手一杯なのよねという。
 という。


posted by 座間 at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。