2015年04月22日

長い声のメモ:海原雄山はハンバーガー美味しく食べれない問題



 だいぶ幼いころに、海原雄山はマックのハンバーガー美味しく食べれない問題というものに直面した。
 海原雄山がマックのようなチェーン店のハンバーガーをDISりまくる話があったと思うのだが、これを読んだあと自分は「海原雄山ほど舌を鍛えて食を極めるとマックのハンバーガーを美味しく食べれない。これは損ではないか。鍛えることで損をしてしまうなんてそんなことがあっていいのか」というわだかまりを抱え続けた。

 海原雄山はお金持ちなのでマックのハンバーガーの特徴である「安い」がまったく魅力として受け止められないとかそういうことを除いても、結局舌を鍛えたらマズいと感じるものが増える、それは損ではないかという根本的な問題の解決にはなっていなかった。

 ミリタリーの知識があると、映画のふとしたミリタリー要素についてお粗末なところがあるだけで映画全体が楽しめなくなったりもする。それについて、いや、そういう細かいことは置いておいて楽しめる大人になれよ、とか、ぜんぜん細かくねーんじゃボケが、とか、言い争いがある。自分の中でも多く葛藤があったりする。

 でもよく考えたら自分は、ジャングルジムで遊びたいと思わないし、ジャングルジムが楽しかった頃の自分をそこまで羨んでもいない。

 ここがこうなってないから楽しめない、という細かい人々に、「大人になれよ」と人はいう。自分も言う。
 でも大人になっているのは細かい人々のほうだったのではないのか。ジャングルジムはクソゲーだと思っている今の自分のように。
 海原雄山はマックのハンバーガー美味しく食べれない問題、とは、単に人は大人になるという話だったのかもしれない。そこに哀愁はあるが、そう悲しむことではない。前向きに捉えていい。

 何かに飽きたり、細かいことを無視した何かをダメだと思ってしまったりする自分を否定しすぎることはない(まあ疑ってもいい)。大人になったのだ。確かに知識をひとつ得ると、映画をひとつ失うかもしれないが、たぶん得た映画の数のほうが多い。
 移動していく自分を恐れなくていいはずだ。






posted by 座間 at 00:01| Comment(0) | 長い声のメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

ミニミニソーサリアンNEXT・プレイボード

ss.png

 ミニミニソーサリアンNEXT・プレイボードをリリースしました。
 求められる手軽さに反してWindows、PC上のソフトウェアという代物ですが。

 ミニミニソーサリアンNEXTは「診断メーカー」を利用したゲームブックライクなゲームで、往年の名作「ソーサリアン」を元ネタに作られています。
 大変気合の入った作りのゲームなのですがゲームデータの記録を自分でメモ帳なりにつけなければならないので、手間を省くのと風情を出したくて、プレイボードを作ってみました。

 主に自分用ということでかなりざっくり、簡素で原始的な作りになっていますが、一応公開します。
 「みんなもっと好きなゲームを元ネタに自分なりのゲームを作ろうよの会」会長としては、こういう愛あって手の込んだ作品は応援したいというのもありました。

 ミニミニソーサリアンNEXTを遊んでいる方、遊んだことのある方、遊んでみようと思っていた方、この機会におひとつどうぞ。

 ときのじさん、アイコンへのイラスト使用快諾ありがとうございましたー。

posted by 座間 at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。